無料
エロ
動画

フィリピナス ニュース

フィリピンパブやタレントピナを愛して止まない人達へのお付き合いマニュアルもいいですが、たまにはフィリピン情勢を考えてみませんか?渡比される方への参考にもなれば幸いです。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 合計:je-pu-pu 無料カウンタ 今日:je-pu-pu 無料カウンタ 昨日:je-pu-pu 無料カウンタ

JAL 中国・タイを増便

JAL 中国・タイを増便 下期国際線で収支改善13億円

 日本航空(JAL)は17日、2006年度下期の一部の国際線統廃合を発表した。需要が多い中国、タイ、インドの路線は増便するが、冬場の需要が減少するシカゴ線などは減便・運休し、収益改善につなげる。実施は10月29日からで、今回の路線の再配置により下期に13億円程度の収支改善を見込めるとしている。
 現在、週3便で就航している名古屋(中部国際空港)〜広州(中国)線を週7便(1日1便)に、週14便(1日2便)の東京(成田空港)〜バンコク(タイ)線を週21便(1日3便)に、週3便の東京〜デリー(インド)線を週4便にそれぞれ増便する。
 一方、冬季は観光需要が減少する東京〜シカゴ(米国)線を週14便(1日2便)から週7便(1日1便)に半減し、週4便で就航している名古屋〜マニラ(フィリピン)線は運休する。
 名古屋〜マニラ線は、利用率が40%程度と低迷。フィリピン航空などとの価格競争も厳しさを増していることから、運休を決めた。需要のある東京〜マニラ線などは今後も運航する。
 中国線については、今年7月に合意した日中航空交渉の結果を受けた権益の配分を待って増便を具体化する予定で、日本と広州、日本と上海を結ぶ便などの増便を実現したい考え。

JAL 中国・タイを増便 下期国際線で収支改善13億円

フィリピンってとても身近な国なんです!



日本航空、10月末で名古屋便ストップ

【フィリピン】日本航空、10月末で名古屋便ストップ

 日本航空(JAL)は17日、マニラ〜名古屋便を10月29日以降運休すると発表した。競合2社との競争があり、今後も採算性が見込めないとの判断に基づき決定された。再開時期のめどはたっていない。なお東京便はこれまで同様、継続して運航する。

 日本航空インターナショナル本社(東京・品川区)の広報担当者は同日、NNAに対し、「2006年度下期路線便数計画」の一部変更に伴い、現在、週4便あるニノイ・アキノ国際空港(NAIA)と中部国際空港を結ぶ運航のすべてを停止すると説明した。
 
 最大の理由は慢性的な採算性の低さで、同じく名古屋に乗り入れているフィリピン航空(PAL)とノースウエスト航空との市場競争もあり、とりわけ昨年度下半期以降、厳しい状況が続いていたという。
 
 同担当者の説明では、日本航空は1975年にマニラ〜名古屋便を就航。その後86年にいったん運休し、95年から運航を再開していたとされる。ただ最近の搭乗率は4割程度で採算レベルを割り込んでおり、中長期的に見ても収支の改善が期待できないことから、10年ぶりに運休の決定が下された。
 
 首都圏マカティ市に拠点を置く日本航空インターナショナル・マニラ支店の担当者は、このところの燃料価格高騰が追い討ちをかけたと指摘する。さらに昨年3月15日、日本政府が歌手やダンサーなどに対する興行ビザの発給規定の厳格化を実施したことで、日本に向かうエンターテイナーの数が減少したことの影響にも触れた。
 
 また、フィリピンから東海方面への観光客誘致のきっかけとなることが期待された2005年日本国際博覧会「愛・地球博」だが、昨年3〜9月の開催期間の降、集客効果は続かなかったもようだ。

日本航空、10月末で名古屋便ストップ

フィリピンってとても身近な国なんです!



保険のエース

中近東・北アフリカ営業責任者にワード氏=保険のエース〔BW〕

*【Business Wire】英領バミューダに本社を置く保険・再保険大手のエース(NYSE:ACE)は、ジャイルズ・ワード氏を9月16日付で同社の中東・北アフリカ地域(MENA)事業責任者に任命したと発表した。ワード氏は、バーレーンに新設された地域本部に常駐し、エース欧州グループの会長兼最高経営責任者(CEO)のアンドリュー・ケンドリック氏に直属する。エースに入社する以前、ワード氏はマレーシアのアクサ・アフィン・ジェネラル・インシュアランスで2001年から社長兼CEOを務めていた。同氏は保険業界で17年余の実績を持ち、そのうち12年を東南アジアで過ごしており、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシアなど文化の異なる複数の国々にまたがった営業業務に精通している。

中近東・北アフリカ営業責任者にワード氏=保険のエース〔BW〕

フィリピンってとても身近な国なんです!



7月新車9%増、年初来累計は下回る

【フィリピン】7月新車9%増、年初来累計は下回る[車両]

 フィリピン自動車工業会(CAMPI)が16日に示した7月の新車販売台数は今年最高の8,601台で、前年同月に比べ9.4%増加した。ただ年初来の累計では、前年同期実績にまだ届いていない。

 1〜7月のうち、前年同月実績を上回ったのは1月、5月、7月の3カ月のみ。年初来の販売台数の累計は5万4,835台で、前年同期を1.3%下回っている。
 
 用途別では、全体の60.9%を占める商用車が4.1%数字を落としているのに対し、乗用車は3.5%増加した。
 
 上位7メーカーで見ると、販売台数の伸びを示しているのは1位のトヨタ・モーター・フィリピン、2位のホンダ・カーズ・フィリピンズ、6位の現代自動車の3社。このうち最大の伸び率を記録したのはホンダで、前年同期比39.4%増に達している。これに対し最大の下げとなったのは7位の日産モーター・フィリピンで同40.2%減少した。
 
 ■7月は今年最高
 
 一方で7月単月の数字は、今年最高を記録した。メーカー別では、ホンダが前年同月実績(652台)のほぼ2倍に相当する1,249台に伸ばした。そのほかトヨタ(13.1%増)と三菱モーターズ・フィリピンズ(10.9%)が2けた台の増加となり、全体をけん引した。これら上位3社の合計は5,618台で、全体の65.3%を占める。
 
 車種別では、トヨタの「ビオス」(985台)、「イノーバ」(915台)、「フォーチュナー」(725台)が上位を独占。これにホンダ「シビック」(619台)が続いている。

【フィリピン】7月新車9%増、年初来累計は下回る[車両]

フィリピンってとても身近な国なんです!



サイバーテック

サイバーテック、中堅ベンダー向けオフショア開発サービス開始

 サイバーテック(東京都千代田区、橋元賢次社長、03・5577・8000)は、中堅のシステムベンダーやパッケージベンダーを対象に、オフショア(海外委託)開発のアウトソーシングサービスを開始した。07年3月までに20社へのサービス提供を計画している。

 新サービスはフィリピンにある同社の開発拠点「サイバーテック セブ開発センター」を活用する。設計開発から品質管理までを一括して請け負うプロジェクト単位の受注や、システムの保守・メンテナンスといった開発の一部だけを請け負う受注など、目的に応じて三つメニューから選択できる。

 このうち一括受注サービスは、通常の業務アプリケーションの開発のほか、同社が得意とするXML(拡張可能なマーク付け言語)関連のシステム開発も請け負う。

 このサービスを利用することでユーザーは、企画提案や案件受注に経営資源を集中でき、プロジェクトの円滑な推進やコストダウンが図れるとしている。

サイバーテック、中堅ベンダー向けオフショア開発サービス開始

フィリピンってとても身近な国なんです!



スーパー技術者大量獲得へ

【フィリピン】スーパー技術者大量獲得へ、日揮が比で

 プラント設計・施工大手、日揮の現地法人JGCフィリピンは、設計・技術部門の人員を現行の約770人から2010年までに1,070人に拡大する。設計以外にプラントマネジメント能力を備えるエンジニアを中心に増員し、親会社の業務支援とともに、独自の受注活動に本腰を入れるのが狙いだ。

 JGCフィリピンの大山財徳社長兼最高経営責任者(CEO)は14日、NNAの取材に対し、「設計・技術部門を今年末までに800人体制にし、09年には1,000人、10年末までに1,070人にする」と説明した。
 
 採用については、「単なる設計ではなく、土木や配管といったプラント建設プロジェクトに必要な情報を融合する設計コーディネートが可能な人材を集める」と語った。全般的な領域で経験の豊富なエンジニアを採用し、受注から設計、機材調達、施工までの一貫エンジニアリング・サービス(EPC)の能力を大幅に高めたい考えだ。
 
 人員の増強に合わせて、国内外でプラント受注活動を本格化する。国内では石油や化学、バイオ、食品などの分野で小規模の製造プラントの受注活動を加速していく。同社はフィリピン国内で、10年以上前から独自のプラント受注実績を持つが、その数は01年以降で累計11案件(約35億円)にとどまる。
 
 海外ではまず、周辺諸国のベトナムやタイなどを対象に、既存プラントの改造工事やメンテナンス業務の受注を目指す。現地での認知度向上を図ることから始め、世界でも有数のエンジニアリング会社である親会社の協力を得ながらアプローチをかけるという。
 
 受注の好調な親会社の業務支援も、日揮グループの一大設計拠点であるJGCフィリピンが人員を増やす理由の1つ。日揮は昨年、カタールで天然ガスを原料として液体燃料を製造するガス・トゥ・リキッド(GTL)プラントやイエメン初の液化天然ガス(LNG)プラントなどを相次ぎ受注。今年に入ってからは、総事業費98億米ドルといわれる住友化学とサウジアラムコの合弁によるサウジアラビアでの石油化学コンプレックスの流動接触分解装置(FCC)、エタンクラッカーなどを受注している。
 
 JGCフィリピンは、1989年9月の設立。資本金は3億4,000万ペソで日揮が95%、丸紅フィリピンが5%を出資している。プラントの設計以外に運営やメンテナンスも手掛けるが、従業員の8割を投入している親会社からの委託による設計・技術が主力事業となっている。
 
 日揮は、千代田化工建設や東洋エンジニアリングと並ぶプラントの設計・施工専業会社。06年3月期連結業績は、売上高が前期比26.4%増の5,503億100万円、営業利益が同54.2%増の203億8,900万円だった。

スーパー技術者大量獲得へ、日揮が比で

フィリピンってとても身近な国なんです!



グラビティ、新作などで4600万ドルの輸出契約

グラビティ、新作などで4600万ドルの輸出契約

【ソウル13日聯合】オンラインゲーム開発会社のグラビティは13日、新作の「ラグナロクオンライン2」などで合計4600万ドルの輸出を記録したと発表した。12日にソウル・韓国総合展示場(COEX)で開催された「グラビティ・フェスティバル2006」で、日本・台湾・タイ・フィリピン・ブラジルの5カ国・地域とラグナロク2の輸出覚書(MOU)を結んだ。また、日本と「ラグナロクオンライン」のサービス延長契約を交わした。
 今回の輸出規模は、契約金とロイヤルティーの最低保障金額を合わせたものだが、国別では公開しなかった。ラグナロク2の日本でのサービス提供は、前作と同様にガンホー・オンライン・エンターテイメントが推進する。

グラビティ、新作などで4600万ドルの輸出契約

フィリピンってとても身近な国なんです!



ブランド化で勝負、家具業界新たな動き

【フィリピン】ブランド化で勝負、家具業界新たな動き

 ベトナムにも抜かれた――。国際競争力のさらなる低下が進行することへの危機感が広がる家具業界の中で、製品のブランド化と高い品質の確保で国際市場に攻勢をかけ続ける家具デザイナー・グループがいる。

 フィリピン各地に点在するデザイナーが集まり結成した「ムーブメント8」は1999年以降、イタリア・ミラノ、フランス・パリ、スペイン・バレンシア、米国・ニューヨークなどで開催される家具展示会に参加してきた。
 
 出展する作品は、当地にある原材料を多く使いながら、伝統的な素材や形状にこだわらず現代風にアレンジした「アジアン・モダン」のコンセプトに沿ったもので、独創性と品質の高さで国際的に評価を得ているという。
 
 この集団を率いるアントニオ・ラユグ氏は、家具製造業を営む両親の下に生まれ、米国でインテリア・デザイン、フィリピンで建築を学び、現在は自らの愛称である「ブッジ(Budji)」のブランドを持つ。マニラ首都圏マカティ市のほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国や欧州など、各地に構えたショールームで住空間のトータル・デザインを提案。親族と協力して販売活動を広く国内外で展開している。
 
 同氏はこのほどNNAの取材に応じ、国内家具業界の現状について、安さを売りに大量生産を進める従来の手法では、生産規模の違いからいって中国に勝てないと指摘。むしろ量よりデザインや品質を重視して国際的な位置付けを確立、維持することで、付加価値のある製品としてニッチな市場でも十分な利益を確保できると述べ、ブランドを持つことの重要性を強調した。
 
 また、「メード・イン・フィリピン」を前面に押し出し国際市場でマーケティングを推進することは、国のネガティブなイメージがあり「可能だが限界がある」と認める。その上で、フィリピン人デザイナーによるブランド家具として売っていく方が現実的との考えを述べた。
 
 今後は、向こう数年内に中国へ本格的に進出し、コピーではない中国独自のデザイン開発を手掛けていきたい意向を示している。
 
 ■シェアはベトナムが上
 
 国内の家具製造業者の多くは、セブを中心に操業している。セブ家具産業財団(CFIF)は先ごろ、2005年にフィリピン製家具が国際市場全体に占める割合は0.54%で、ベトナムの0.78%を下回ったとする報告を示した。最大の市場シェアを持つのは中国(11.9%)で、ほかにマレーシア、インドネシア、タイもフィリピンを上回っているという。
 
 同財団のマイケル・バスバス代表は、シェア縮小の理由として、◇限られた政府の業界支援◇周辺国との競争激化◇デザイナーの不足◇デザインの盗作◇原材料価格の高騰――などを挙げている。
 
 ただ国家統計局(NSO)のまとめでは、昨年通年の家具・木工品の輸出額は前年比6.0%増の4億4,165万米ドル。これに対し今年上半期は既に3億8,802万米ドルに達し、前年同期を65.0%上回っている。

ブランド化で勝負、家具業界新たな動き

フィリピンってとても身近な国なんです!



中国、インド、韓国の携帯通信ネットワーク市場

中国、インド、韓国の携帯通信ネットワーク市場、3Gライセンス発行が鍵

米国の調査会社が、これらの国々の携帯通信ネットワーク市場の現状と今後について報告をまとめた。

 調査会社の米IDCがまとめた報告書によると、2005年の中国、インド、韓国の3カ国の携帯通信サービス利用者数が、日本を除くアジア(APEJ)地域全体の78%を占め、2004年の76%を上回っていることが分かった。携帯通信機器への投資額は3カ国合計で149億ドル以上に達し、2004年から17%増加している。

 「APEJ地域は携帯サービスをはじめとするさまざまな通信サービスの世界市場のけん引役」とIDCのアジアパシフィック地域テレコムリサーチディレクターのビル・ロジャス氏。「中国とインドはこの地域における固定回線拡大の原動力であり続けるが、その2カ国に加えてインドネシアやフィリピンなどの多くの地域で、固定無線アクセス市場が大きく拡大する可能性がある」とコメントしている。

 IDCでは、中国、インド、韓国の3カ国での携帯ネットワーク機器への設備投資額が、2010年には合計で147億ドルに達すると予測しているが、中国での第3世代(3G)携帯のライセンス発行の結果によっては、さらに上回る可能性もある。

 中国とインドは共に3Gライセンス発行を計画している段階。中国ではこれまでに数回発行を遅らせてきたが、ライセンスがChina TelecomとChina Netcomに発行されると決定した場合、2007〜2010年の間に、さらに毎年10〜20億ドルに上る設備投資が見込まれる。また、中国とインドでは、WiMAXの試験運用も始まりつつあるという。

 韓国はこの地域で唯一、既に3Gライセンスを発行しており、KT FreetelとSouth Korean Telecomが、CDMA 2000 1X EV-DOネットワークとは別に、UMTS(Universal Mobile Telecommunications System)ネットワークを構築済み。両社がサービス拡大に向けHigh-Speed Downlink Packet Access(HSDPA)に多額の投資を行っている一方、Korea TelecomはWiBroに集中して投資を行っている。

中国、インド、韓国の携帯通信ネットワーク市場、3Gライセンス発行が鍵

フィリピンってとても身近な国なんです!



アナログ・デバイセズ

アナログ・デバイセズ、低消費電力のクラスDオーディオ・アンプを発表

【リリース・電気機器】アナログ・デバイセズ、携帯コンスーマ機器向けに高効率で低消費電力の
クラスDオーディオ・アンプ「SSM2301」と「SSM2304」を発表
〜 シグマ・デルタ変調方式の採用によるEMIの低減と、
フィルタレス・トポロジの採用によるボード・スペースの節減を実現 〜

アナログ・デバイセズ社(ニューヨーク証券取引所:ADI)は、本日、携帯機器において高まりつつある低消費電力化、小型化、および音質向上の要求に対応したスピーカ用クラスDアンプ「SSM2301」「SSM2304」を発表しました。ADIは、ホーム用途やプロフェッショナル・アプリケーション向けの革新的なサウンド処理ソリューションのリーディング・プロバイダであり、その卓越した技術を活用して、携帯電話端末機、ハンドヘルド・ゲーム機器、MP3プレーヤ、ラップトップ・コンピュータやハンドヘルド・メディア機器の小型化および低消費電力化に対応するクラスDアンプを開発しました。

SSM2301とSSM2304は、消費電力の最小化、および、外付け部品を不要にするフィルタレス・トポロジの採用により、ハンドヘルドまたはポータブル・コンスーマ・アプリケーションにおいて、スピーカを効率よく駆動するように設計されています。また、シグマ・デルタ変調方式の採用により、高音質でありながら、電磁妨害(EMI)を低減しています。

アナログ・デバイセズ社高性能信号処理部門のプロダクト・ライン・ディレクター、スティーブ・ソコロフ(Steve Sockolov)は次のように述べています。「クラスDオーディオ技術の特長である省電力で省スペースというメリットだけでなく、ADIのリニアICに関する卓越した技術力も組合わせることで、携帯電話端末機やMP3プレーヤのような携帯機器から、先進の薄型フラット・パネル・テレビおよびマルチチャンネル・サラウンド・サウンド・カー・ステレオにいたる広範囲のアプリケーション向けに、これまでにないサウンドを提供するオーディオ・アンプ・シリーズが実現しました。ほとんどのクラスDアンプは、何らかのパルス幅変調(PWM)の変形を用いているのに対して、ADIのクラスDアンプは、シグマ・デルタ・パルス密度変調(PDM)を用いて高周波領域のスペクトル成分の振幅を減らし、EMI放射を大幅に最小化しています」

携帯エレクトロニクス機器に必要な高効率と低消費電力
SSM2301(モノラル)とSSM2304(ステレオ)デバイスは、出力パワー・レベルのレンジが広く、85%という非常に高い効率で動作します。SSM2301は8オーム負荷に1.4Wを、またSSM2304は4オーム負荷に2Wを提供します。両デバイスとも2.5Vから5.5Vの単電源で動作し、最大シャットダウン電流が20nAというマイクロ・シャットダウン・モードと出力短絡保護を備えています。非常に低い電圧でも動作可能なので、携帯電話端末機など、バッテリー駆動のアプリケーションに最適です。

小型のパッケージ、音質への忠実性
本製品は8ピン3mm × 3mmのリード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ(LFCSP)で、従来必要とされていた外付けの出力フィルタが不要になるフィルタレス・トポロジの採用により、ボード・スペースを節減できます。

また、5V電源での供給時には、スピーカ負荷をピーク出力で駆動したときの全高調波歪み+ノイズ(THD+N)が1%以下で、またS/N比は98dB以上です。さらに、両デバイスとも完全差動入力なので、入力部におけるコモン・モード・ノイズ除去性に優れています。アンプのゲインは2値選択固定、もしくはユーザ調節も可能でフレキシブルな設定ができます。電源投入、および、電源切断時の可聴ノイズを低減する「ポップ・アンド・クリック抑制回路」も搭載しています。

SSM2301およびSSM2304は、ADIのクラスDアンプ・シリーズの最新製品で、同シリーズにはAD199xオーディオ・パワー・アンプ・ファミリも含まれています。ADIのオーディオ・アンプに関する詳細情報については、ウェブサイトwww.analog.com/pr/audioamplifierをご覧下さい。

供給と価格について
SSM2301およびSSM2304クラスDオーディオ・アンプは現在サンプル出荷中で、量産出荷は2006年8月を予定しています。単価は1,000個受注時で0.55ドルです。(米国における参考価格です)デバイスは−40℃から+85℃の工業用温度範囲に対する完全仕様になっています。測定用フィルタを追加した評価ボードもあわせて供給しています。詳細情報については、ウェブサイトwww.analog.com/pr/SSM2301およびwww.analog.com/pr/SSM2304をご覧下さい。

アナログ・デバイセズについて
アナログ・デバイセズ(ADI)は、半導体市場において40年という長い間成長を続けてきましたが、その成長を支えてきたのが技術革新、高性能、および卓越した技術力を受け継いできた企業文化です。ADIは、データ・コンバージョンおよびシグナル・コンディショニング技術の世界的リーディング企業として、業界で高い評価を得ており、実質的にあらゆる種類の電子機器分野を網羅する世界各国の60,000社以上の顧客にサービスを提供しています。アナログおよびデジタル信号処理アプリケーションに用いられる高性能集積回路の世界的なリーディング・メーカーとして、40年以上の歴史を誇るADIは、本社をマサチューセッツ州ノーウッドに構え、従業員数は8,900名です。マサチューセッツ州、カリフォルニア州、ノース・キャロライナ州やアイルランド、フィリピンに製造拠点があります。アナログ・デバイセズの普通株はニューヨーク証券取引所に上場しており、ADIはS&P 500インデックスに挙げられています。www.analog.com

製品に関する読者からのお問い合わせ先
アナログ・デバイセズ株式会社

アナログ・デバイセズ、低消費電力のクラスDオーディオ・アンプを発表

フィリピンってとても身近な国なんです!



 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

ai

ai

栃木県在住、ピナ嫁と娘一人でつつましく貧困に耐え忍びながらむつましい生活を送っています(T_T)








人気サイト

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています

幸福の羅針盤ランキングに参加してね



/

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Links

Ranking

アクセスランキング

Search

close