無料
エロ
動画

フィリピナス ニュース

フィリピンパブやタレントピナを愛して止まない人達へのお付き合いマニュアルもいいですが、たまにはフィリピン情勢を考えてみませんか?渡比される方への参考にもなれば幸いです。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 合計:je-pu-pu 無料カウンタ 今日:je-pu-pu 無料カウンタ 昨日:je-pu-pu 無料カウンタ

美しさに魅了され 採集半世紀

チョウ:美しさに魅了され 採集半世紀、高知の秋沢稔浩さん /高知

 ◇標本は500種類、1万5000匹「博物館あれば…」
 羽がきれいで見ていて飽きないですね――。国内ばかりでなく、海外のチョウ採集も続けている高知市新屋敷2、日本蝶類学会員で、日本鱗翅(りんし)学会員の秋沢稔浩さん(62)。これまでに集めた標本は約500種類、約1万5000匹。55年かけてコツコツ集めたという標本の一部を紹介してもらった。
 秋沢さんがチョウの魅力にとりつかれたのは、小学校1年の夏休みの宿題で、昆虫採集したのがきっかけ。社会人になっても休みの日は採集旅行に出かけるのが日課で、北海道から沖縄県まで、全国各地ほとんどに足を踏み入れた。美しさを求め、台湾や香港、フィリピンにも出かけたが、狙うのは絶滅の恐れのある野生動植物の国際的な取引を規制するワシントン条約に該当しないチョウだけ。
 珍しいチョウもある。秋沢さんは、72年に「ヘリグロチャバネセセリ」、77年には「ベニモンカラスシジミ」を県内で初めて見つけ、話題になった。また、「異常型」と呼ばれる突然変異で、色や模様が変わったものも多数所有している。
 「博物館があれば、みなさんに見てもらえるのに」と嘆く秋沢さん。県内には博物館がなく、せっかくのコレクションも展示できない。「博物館ができて管理してもらえるなら、寄贈したい」と話す。

チョウ:美しさに魅了され 採集半世紀

フィリピンってとても身近な国なんです!



世界の食虫植物を展示

食虫植物展:世界の食虫植物を展示 新潟・県立植物園で企画展 /新潟

 新潟市金津の県立植物園で、夏休みに親子で楽しめる特別企画「食虫植物展」=写真、日報連会員・池田友好さん=が開かれている。世界の食虫植物70種以上を展示し、昆虫などを食べる理由、生態などを模型などを使って詳しく解説している。9月3日まで。
 鑑賞温室に展示されている世界最大の捕虫嚢(のう)を持つ「メリリアナ・ウツボカズラ」はフィリピンのミンダナオ島に分布。茎が地面をはうか樹木に絡まり、長さが3〜4メートルにもなる。大きな長楕円形の葉は日光にさらされると濃緑色から濃赤色に変化。捕虫嚢は20〜30センチにも成長する。
 また同園では「熱帯果樹展」(8月27日まで)も開催しており、バナナやパッションフルーツのほか、幹の周りにブドウのような実をびっしり実らせるジャンボチカバ、光沢のある洋ナシのような形の実がユニークな熱帯アジア原産のレンブなどが展示されている。
 開館は平日午前9時半〜午後4時半(月曜休館)。土、日や8月13日〜15日は午後8時半まで延長。13〜15日は珍しい熱帯果実の試食コーナーを設ける。

食虫植物展:世界の食虫植物を展示

フィリピンってとても身近な国なんです!



ナルトビエイ

ナルトビエイ:大型化し数も増加 「昔から生息」裏付けも−−山陽小野田など /山口

 山陽小野田市沖などのアサリ漁に被害を及ぼしているナルトビエイの今年度の一斉駆除が今月終了した。大型化し昨年を上回る数のエイが近海を回遊している。駆除と並行して県や市、大学などが毎年生態調査を続けているが、詳しい実態は解明されていない。
 フィリピン海域から来たとされるエイは89年、長崎県五島列島で日本で初めて確認されたのを皮切りに01年、広島県大野町、02年には下関市で発見された。ところが、「昔から宇部や小野田の海にいる」という地元漁師らの声が根強い。今春、毎日新聞社が両市漁協の漁師や釣り人ら約70人を対象に聞き取り調査をしたところ、五島列島や下関市での確認時期を覆す結果が出た。
 調査によると、発見時期の問いには13人が回答。うち12人が「89年より前」と答えた。高齢の漁師からは「昭和初期や大正時代からいた」という意見や「昔市場で売った」という回答もあった。
 冬場の目撃や生息に関する質問に約30人が回答。半数が10月〜翌年1月に目撃したという。ただ、冬、海に網を投入する漁師は少なく冬場の生息調査をすれば、もっと増える可能性がある。
 この結果、エイは少なくとも89年より前に瀬戸内海や同市沖合に現れて定住し、繁殖を繰り返したとみられる。しかし、現在、県や同市の調査はサイズや雌雄の割合、子魚を産む時期の確認などが主で、エイの回遊ルートの解明や冬場の生息を確認しておらず、漁師らへの聞き取り調査も行っていない。今後は、地球温暖化や工場群による排水などで瀬戸内海の水温が上昇し南方系のエイが住み着いたのか、水温の低い冬場にどこに潜んでいるのかなどの調査が求められる。

ナルトビエイ:大型化し数も増加 「昔から生息」裏付けも

フィリピンってとても身近な国なんです!



白い葉つけたハンゲショウが群生

白い葉つけたハンゲショウが群生 井手 杉木立の中に200株

20060711-00000074-kyt-l26-thum-000.jpg


夏の茶花として珍重されるドクダミ科のハンゲショウが、京都府井手町井手の杉木立の中で約200株ほどが広がって白い葉をつけ、道行く人の目を楽しませている。
 夏至から11日後の半夏生ごろに葉の半分が白く色づき、化粧を施したように見えることからその名がついた。多年草で湿地を好み、本州から沖縄、フィリピンにかけて分布する。
 以前は府内各地で見られたが、最近は環境の変化などにより、数が減ってきている。
 趣味で山野草の観察をしている同町西垣内の前田昌久さん(59)は「これだけ多くが群生しているのは珍しい。そっと見守りたい」と話していた。

白い葉つけたハンゲショウが群生 井手 杉木立の中に200株

フィリピンってとても身近な国なんです!



前へ歩いて餌探し ミナミコメツキガニ

前へ歩いて餌探し ミナミコメツキガニ 東村

20060629-00000017-ryu-oki-thum-000.jpg


晴天が続く28日午後、東村慶佐次川の河口でミナミコメツキガニが大集団で餌を取る光景が見られた。
 付近はマングローブの林があり、シオマネキやミナミトビハゼなどの希少動物も生息、自然観察に適した地域となっている。
 ミナミコメツキガニは、南西諸島からフィリピンにかけて生息。干潮時に大集団で移動しながら、砂や泥に含まれた有機物などを食する。カニは横に歩くがミナミコメツキガニは前に歩くのが特徴。
 「やんばる自然塾」の島袋要さんは「夏場になると大集団をよく見かける。人が近づくと体を回転させ泥の中に潜る動作が面白い」と笑った。

前へ歩いて餌探し ミナミコメツキガニ 東村

フィリピンってとても身近な国なんです!



 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

ai

ai

栃木県在住、ピナ嫁と娘一人でつつましく貧困に耐え忍びながらむつましい生活を送っています(T_T)








人気サイト

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています

幸福の羅針盤ランキングに参加してね



/

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Links

Ranking

アクセスランキング

Search

close