無料
エロ
動画

フィリピナス ニュース

フィリピンパブやタレントピナを愛して止まない人達へのお付き合いマニュアルもいいですが、たまにはフィリピン情勢を考えてみませんか?渡比される方への参考にもなれば幸いです。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 合計:je-pu-pu 無料カウンタ 今日:je-pu-pu 無料カウンタ 昨日:je-pu-pu 無料カウンタ

台風10号が北上、四国・九州は17日にも暴風域に

台風10号が北上、四国・九州は17日にも暴風域に

 台風10号は14日午前9時、父島の西約420キロの海上にあり、ゆっくりした速度で北北西に進んでいる。

 気象庁の観測によると、中心の気圧は、985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルで、中心から半径390キロ以内は、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風10号は、勢力を強めながら北西に進路をたどり、17日午前9時には、中心付近の最大風速が35メートルの強い台風になる見通し。四国と九州の一部は、風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。

 一方、14日午前9時、フィリピンの東海上で、台風11号が発生した。時速約20キロで北北東に進んでおり、15日午前9時に沖の鳥島近海を通過し、17日午前9時には、伊豆諸島近海に達する見通し。

台風10号が北上、四国・九州は17日にも暴風域に

フィリピンってとても身近な国なんです!



台風11号が発生

台風11号が発生

 気象庁は14日、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧が台風11号になったと発表した。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。

台風11号が発生

フィリピンってとても身近な国なんです!



旧盆帰省客足止め 台風8号

旧盆帰省客足止め 台風8号

20060809-00000019-ryu-oki-thum-000.jpg


 沖縄地方に接近している強い台風8号は、旧盆を古里で過ごした帰省客や夏休みで沖縄を訪れた観光客らを直撃。9日午前、那覇をはじめ宮古、八重山空港では、欠航のため空席待ちや予約変更を求める人々の長い列ができた。宮古、八重山では台風9号が通過したばかりで、相次ぐ台風に住民もうんざりした様子。欠航便は午後も続く見通しで、利用客のいらいらは募るばかりだ。
◆帰国を一部延期 スタディーツアー
 那覇空港では、9日午前10時すぎから欠航を知らせるアナウンスが相次ぎ、空席待ちの帰省客や観光客らでごった返した。第4回世界のウチナーンチュ大会のプレイベント「2006年度ジュニアスタディーツアー」参加者の多くも、予定通りに帰れなくなり、子どもたちも困惑顔だ。
 旧盆で名古屋から実家に帰省中だった木次康子さん(56)は「毎年帰ってくるが、台風に当たるのは初めて。今日帰らないと仕事があるので困る」と焦り顔。石垣市から子供3人と沖縄市内の兄弟のところを訪れた石垣栄明さん(49)は「欠航が決まったので、那覇市内の親類の家に連絡を取っている。3つも台風があるので、いつ帰れるか分かりませんね」と苦笑いしていた。
 ジュニアスタディーツアーの参加者40人(引率者含む)のうち、午前10時までに予定通り出発できたのは8人。フィリピン、カナダ、米国からの参加者は、足止めが決まっている。
 米国から県内を訪れていたディーヨ・アレン・シュルライン君(15)は「荷造りも済んでいるし、両親もぼくが帰ってくると期待しているので帰りたかった」と困った様子で話していた。

旧盆帰省客足止め 台風8号

フィリピンってとても身近な国なんです!



台風9号

台風9号、石垣が今夕にも暴風域

 台風9号は7日午後10時現在、宮古島の南東約280キロの海上にあって、8日宵のうちには石垣島地方が暴風域に入る恐れがある。強風域には8日明け方に宮古島地方、同日昼前に石垣島地方、同日夜遅くに与那国島が入る見込み。
 沖縄気象台によると、台風9号は7日午後10時現在、勢力を維持しながらゆっくりと西に進んでおり、中心付近の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル。中心から220キロ以内では風速15メートル以上の強風域。台風9号の影響で8日、先島諸島は大しけとなる。大潮なので高潮にも注意が必要。
 一方、強い台風8号は7日午後9時現在、フィリピンの東を時速30キロで西北西に進んでおり、9日昼ごろに本島地方が強風域、10日に暴風域に入る可能性がある。中心付近の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から90キロ以内では風速25メートル以上の暴風域、370キロ以内では15メートル以上の強風域。
 台風7号は7日午後10時現在、和歌山県潮岬の南東約310キロにあって北北西に向かっている。甲子園のある兵庫県南部では、同日は曇りで昼前から時々雨が降り、降水確率は40―50%。神戸海洋気象台によると、台風7号が東よりの進路を取った場合は雨が降らない可能性もある。
 台風9号の影響で琉球エアーコミューター(RAC)は8日の石垣―波照間の全便欠航を決めた。日本トランスオーシャン航空(JTA)は夕方以降に石垣便に影響が出るという。全日空(ANA)は午前は通常運航の予定。

台風9号、石垣が今夕にも暴風域

フィリピンってとても身近な国なんです!



台風7号

台風7号、四国・東海に接近か…8・9号は沖縄近海へ

 日本の南海上に3個の台風が発生し、列島に接近している。

 台風7号は7日午後9時現在、和歌山県・潮岬の南東約320キロの海上を、時速約10キロで北北西に進んでいる。7号は勢力を維持したまま、8日午後には四国から東海地方に接近する見込み。気象庁は大雨や暴風、高波への警戒を呼びかけている。

 気象庁の観測によると、7号の中心気圧は975ヘクト・パスカル、最大風速30メートル。中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域になっている。9日午前0時までの24時間に予想される最大雨量は、関東甲信地方で100〜120ミリ。

 強い台風8号はフィリピンの東を西北西に進み、9日から10日にかけて沖縄地方に接近するおそれがある。台風9号は沖縄県・宮古島の南東を西に進み、8日から9日にかけて先島諸島の南を西へ進む見込み。

台風7号、四国・東海に接近か…8・9号は沖縄近海へ

フィリピンってとても身近な国なんです!



梅雨明けは?

<梅雨明けは?>西日本は今週末、関東以北は来週ずれ込みも

 梅雨前線の猛威が続く。先週の長野県などに続き、この週末は九州でも記録的な豪雨を観測、列島に被害の爪痕が広がっている。この大雨の原因は何なのか。待ち遠しい太陽が顔を出す梅雨明けは、いつやって来るのだろうか。【五味香織、江口一、下桐実雅子、山田大輔】
 九州南部の梅雨明けは、既に平年(13日)より10日余り遅れている。関東や北陸、東北地方は今週末まで雨や曇りが続き、梅雨明けの見通しが立たない状態だ。梅雨明けが8月にずれ込むとなると、関東では03年以来3年ぶりとなる。
 梅雨明けの遅れだけではない。長野県で18日から19日にかけて記録的な大雨となったほか、九州でも18日から23日にかけて山間部を中心に被害が続出。気象庁によると、梅雨末期に各地で大雨となるのは珍しくないが、今年は暖かく湿った空気が太平洋高気圧の縁を回って日本列島の西から流れ込み続け、梅雨前線の活動を活発化させている。
 梅雨明けは通常、太平洋高気圧が勢力を強め、梅雨前線を北に押し上げることで訪れるが、今年は太平洋高気圧の北への張り出しが弱い。さらに北の上空を蛇行する偏西風の影響で、梅雨前線が南に押し下げられ、関東地方から九州にかけて梅雨前線が停滞する状態となっている。
 この原因について、気象大学校の谷貝勇教授(気候学)は、ジェット気流の影響で、北日本の上空5000メートル付近の大気の流れがよどむ「ブロッキング」という現象を挙げる。これにより、強いオホーツク海高気圧ができる。梅雨前線は本来、南から北上するが、この高気圧の勢力が強いため、前線は北へ移動できずに停滞してしまう。谷貝教授は「オホーツク海高気圧が強いと、台風が日本に近づけない傾向が出てくる。南海上の台風が前線を活発化させ、大雨の要因になっている」と説明する。
 また、民間気象予報会社「ウェザーマップ社」(東京都港区)の大野治夫・気象予報士は「日本のすぐ南とフィリピンの西で海水温が高く、そこから湿った空気が入っている。例年と違い、真西から雨雲が入ってきており、九州や山陰、北陸に海上から直接雨雲が入る形になっているのが、雨量を増やしている原因だ」と説明する。
 では、梅雨明けはいったいいつなのか。
 大野予報士は「長引く梅雨は、オホーツク海の高気圧が生じやすい状況が続いているため。ここ1週間は続きそう」と分析。梅雨明けは「今週半ばには、この高気圧が少し東に動いて梅雨前線がいったん離れる。九州南部は晴れて、梅雨明け発表があるかもしれない。西日本は今週末、関東・北陸以北は来週にずれ込むだろう」とみる。
 一方、東京大気候システム研究センターの荒井美紀研究員は「『シベリア・エクスプレス』がキーワード」と説明する。これは欧州〜シベリア〜オホーツク海にかけて、「高気圧」「低気圧」「高気圧」が同時に出現する現象で、最近注目されてきた。荒井さんは「今年は東北沖の海水温が例年より低いことが影響し、あと1週間ほど続いてもおかしくはない」とも推測する。
 では、梅雨明け後の夏はどうなるのか。大野予報士は「梅雨明け以後はすぐに暑い例年通りの夏が復活し、夏はやや長く、残暑も厳しくなりそうだ」とみている。

西日本は今週末、関東以北は来週ずれ込みも

フィリピンってとても身近な国なんです!



八重山地方が13日にも暴風域

八重山地方が13日にも暴風域 台風4号

20060711-00000022-ryu-oki-thum-000.jpg


台風4号は11日正午現在、フィリピンの東、北緯18度05分、東経129度25分にあり、時速15キロで北西に進んでいる。沖縄気象台によると、八重山地方が13日朝から夜にかけて暴風域に入る恐れがあり、14日朝には台湾西海上に抜ける見込み。
 今後、発達しながら北西へ進み、12日午前9時には最大風速30メートルになる予想。同日午後から14日にかけて八重山地方の南海上を通過する見込み。
 海上では11日夕方から夜にかけてしけ、12日はうねりを伴う波で大しけとなるため、気象台では注意を呼び掛けている。
 台風4号の11日正午現在の中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル。中心から半径480キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

八重山地方が13日にも暴風域 台風4号

フィリピンってとても身近な国なんです!



台風4号が発生

台風4号が発生=3号、九州の西を北上−気象庁

 気象庁は9日、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧が台風4号になったと発表した。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。
 一方、強い台風3号は同日午後、勢力をほぼ維持したまま九州の西の東シナ海を北上した。沖縄地方は暴風域から抜けたものの、九州・沖縄地方では南から湿った空気が流れ込みやすくなっており、同庁は高波や土砂災害への警戒を呼び掛けている。

台風4号が発生=3号、九州の西を北上−気象庁

フィリピンってとても身近な国なんです!



列島各地で大雨の恐れ

列島各地で大雨の恐れ 沖縄は週末、台風暴風域か

梅雨前線や低気圧の影響で、日本列島の広い範囲で大雨の恐れがあるとして気象庁は5日、警戒を呼び掛けた。非常に強い台風3号もフィリピンの東海上を北上し、早ければ8日にも沖縄本島が暴風域に入る可能性があるという。
 5日午前8時までの1時間に和歌山県の川辺で90ミリなど、午前中は九州や四国を中心に時間雨量60ミリを超える激しい雨を観測。午後は東海や九州の一部で40ミリ前後とやや小康状態となったが、九州などは6日朝から再び雨脚が強まるとみられる。
 6日夕までの予想雨量はいずれも多い所で、九州と近畿南部で150−170ミリ、四国太平洋側、東北、北海道太平洋側で100ミリ。東北と北海道は、7日も大雨が続く見込み。

列島各地で大雨の恐れ 沖縄は週末、台風暴風域か

フィリピンってとても身近な国なんです!



九州、四国などで大雨

九州、四国などで大雨 台風3号も沖縄接近

梅雨前線や低気圧の影響で、日本列島は5日、九州や四国、紀伊半島を中心に大雨となった。台風3号も非常に強い勢力を保ったままフィリピンの東海上を北上、7日には沖縄の南海上に達する見込みで、気象庁は警戒を呼び掛けた。
 和歌山県の川辺で午前8時までに90ミリ、大分県の竹田で午前一時までに79ミリ、高知県の繁藤では午前5時までに64ミリの1時間雨量をそれぞれ観測した。
 6日朝までの予想雨量はいずれも多い所で、九州、四国太平洋側、近畿、東海で200−250ミリ、関東甲信、四国瀬戸内側、東北太平洋側で100−150ミリ。前線が停滞するため、雨量はさらに増える見込み。

九州、四国などで大雨 台風3号も沖縄接近

フィリピンってとても身近な国なんです!



 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

ai

ai

栃木県在住、ピナ嫁と娘一人でつつましく貧困に耐え忍びながらむつましい生活を送っています(T_T)








人気サイト

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています

幸福の羅針盤ランキングに参加してね



/

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Links

Ranking

アクセスランキング

Search

close