無料
エロ
動画

フィリピナス ニュース

フィリピンパブやタレントピナを愛して止まない人達へのお付き合いマニュアルもいいですが、たまにはフィリピン情勢を考えてみませんか?渡比される方への参考にもなれば幸いです。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 合計:je-pu-pu 無料カウンタ 今日:je-pu-pu 無料カウンタ 昨日:je-pu-pu 無料カウンタ

練習船「こじま」

練習船「こじま」:4万5000キロの長旅終え、呉に帰還−−海上保安大学校 /広島

 ◇実習生12月第一線配備
 世界一周の航海実習に出ていた海上保安大学校の練習船「こじま」(3000トン、小川泰治船長)が12日、呉市若葉町の同校桟橋に帰ってきた。93日間、約4万5000キロの長旅だった。
 今春卒業した専攻科実習生43人(うち女子6人)らを乗せ、5月12日に出港。4カ国・地域の5港に寄港しながら米国沿岸警備隊士官学校や国連本部などを訪れた。シンガポールから同校までフィリピン沿岸警備隊の若手士官5人を同乗させ、交流した。
 実習生たちは、12月に第一線の海上保安官として配属される。

練習船「こじま」:4万5000キロの長旅終え、呉に帰還

フィリピンってとても身近な国なんです!



ピース・ブリッジ

ピース・ブリッジ:長崎・韓国などの高校生ら、核兵器廃絶テーマに議論 /長崎

 平和な世界を目指す若者のつどい「ピース・ブリッジ2006inながさき」が8日、長崎市の県勤労福祉会館であった。長崎や韓国、フィリピン、ドイツの高校生らが「平和国会」と銘打ち、核兵器廃絶などをテーマに議論を交わした。
 実行委員会の主催。約200人が参加した。長崎女子高の竹本朋さん(17)は「戦争の犠牲になっているのは子どもたち。武力ではなく対話による相互理解が平和につながるのでは」。ドイツの高校生、ヤニック・ハケさん(18)は「核保有国にプレッシャーを与え、廃絶に向かわせるべきだ」。韓国の高校生、李建雨(イコンウ)さん(16)は「私は被爆3世。被爆の痛みと悲しさを知っている。核兵器は廃絶されるべき」と話した。
 つどいの最後に、「過去の悲劇を繰り返させないためにも、ここ被爆地ナガサキから平和の声を発信する」との平和憲章を採択した。

ピース・ブリッジ:長崎・韓国などの高校生ら、核兵器廃絶テーマに議論 /長崎

フィリピンってとても身近な国なんです!



平和とは何か

平和とは何か 9日「長崎原爆の日」 海外の若者と討論会

 国内外の小中高校生らが集い、平和について考える「ピースブリッジ2006inながさき」が8日、長崎市桜町の県勤労福祉会館であった。高校生1万人署名活動実行委とOBなどが企画。韓国、フィリピン、ドイツの高校生6人も参加し「核兵器の廃絶は本当に実現できるか」などをテーマに意見を交わした。

 3回目を迎えた今年は、小学生から大人まで約200人が参加。長崎市西山4丁目の羽田麗子さん(70)の被爆体験講話に続いて、討論会があった。

 討論会は高校生1人を議長役にして、大人3人が核兵器による戦争抑止策を擁護する核抑止論の立場に立ち、高校生3人が反論するという形式で進行。会場の若者からは「核を持ち合う緊張状態の平和は本当の平和ではない」「この世界は一部のトップの人たちだけのものではない。平和はみんなが考えて築くものだ」などと活発に意見が出た。

 また、韓国から在外被爆者訴訟の原告で7月に亡くなった李康寧(イカンニョン)さんの孫の李建雨(イゴンウ)さん(16)=釜山市=も参加。「飢えと戦争がない世界にしましょう」と訴えた。

 岡山県真庭市から参加した勝山高校1年の行安麻美さん(16)は「同年代の子たちが平和について真剣に考えていて、感心した」と話した。

平和とは何か 9日「長崎原爆の日」 海外の若者と討論会

フィリピンってとても身近な国なんです!



核廃絶をテーマに国内外の中高生

ピース・ブリッジ:核廃絶をテーマに国内外の中高生ら「平和国会」−−長崎 /長崎

 ◇あす長崎で
 平和な世界を目指す若者のつどい「ピース・ブリッジ2006inながさき」(実行委主催)が8日午前9時半から、長崎市桜町の県勤労福祉会館で開かれる。「核も戦争もない平和な世界の実現に向けて」をテーマに国内外の若者らが議論する「平和国会」や被爆者の証言などがある。
 今年で3回目。平和国会は午前11時ごろからで、(1)核兵器の廃絶は実現できるか(2)世界平和の実現のために必要なこと(3)私たちは何をするべきか――について中、高校生らが議論する。フィリピンや韓国、ドイツなどの高校生も参加予定。
 参加無料。問い合わせは実行委050・3385・8318。

核廃絶をテーマに国内外の中高生ら「平和国会」

フィリピンってとても身近な国なんです!



フィリピン大に分室設置

フィリピン大に分室設置 鹿大水産学部=鹿児島

 学術交流協定を結んでいる鹿児島大水産学部(松岡達郎学部長、鹿児島市下荒田4)とフィリピン大ビサヤス校は、相互にリエゾンオフィス(分室)を開設した。鹿大が海外に分室を設置するのは、昨年の米・シリコンバレーに続き2か所目。東南アジア諸国連合(ASEAN)地域の水産資源管理などについて、よりいっそう共同研究を進める。
 両大学は日本学術振興会(JSPS)から支援を受け、1998年2月に協定を締結した。フィリピンの水産資源や海面漁業などをテーマに、年間計50人の研究者が相互交流し、セミナーを開いてきた。今年は水産食品と環境分野を扱った「国際研修セミナー」を開催する計画だ。
 分室には鹿大からの常勤勤務者はいないが、現地での研究や定期的に開催するシンポジウムなどの際に利用する。フィリピン大側からは助教授1人が常勤し、研究者など年間約20人を派遣する予定。

フィリピン大に分室設置 鹿大水産学部=鹿児島

フィリピンってとても身近な国なんです!



 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

ai

ai

栃木県在住、ピナ嫁と娘一人でつつましく貧困に耐え忍びながらむつましい生活を送っています(T_T)








人気サイト

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています

幸福の羅針盤ランキングに参加してね



/

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Links

Ranking

アクセスランキング

Search

close