無料
エロ
動画

フィリピナス ニュース

フィリピンパブやタレントピナを愛して止まない人達へのお付き合いマニュアルもいいですが、たまにはフィリピン情勢を考えてみませんか?渡比される方への参考にもなれば幸いです。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 合計:je-pu-pu 無料カウンタ 今日:je-pu-pu 無料カウンタ 昨日:je-pu-pu 無料カウンタ

「在りし日の神風特別攻撃隊」

「在りし日の神風特別攻撃隊」

010sen.jpg


神風特攻隊は太平洋戦争も終盤、日本の敗色が濃厚になった頃から編成されます。大艦隊を率いて日本本土への攻撃を計画していた連合軍がマッカーサーの意向によって、まずはフィリピンなど、南洋の地域から攻撃していく、という計画に変更されました。その頃、フィリピンにいた日本軍は疲弊しきっていて100機あったゼロ戦は30機にまで減り、その大半がボロボロという状態でした。向かってくるのは連合軍の大艦隊。勝機の薄い戦いで立ち向かう術として命令が下ったのは、ゼロ戦ごと空母に体当たりして打撃を与えるという人類史上例を見ない作戦でした。

「在りし日の神風特別攻撃隊」

フィリピンってとても身近な国なんです!



日本人戦没者慰霊祭

フィリピン 150人が献花 日本人戦没者慰霊祭 

20060816-00000027-maip-int-thum-000.jpg


【カリラヤ(比ルソン島ラグナ州)大澤文護】第二次大戦中、50万人の日本人と、100万人の米比両国兵士や民間人が犠牲になったフィリピンで15日、日本人戦没者慰霊祭(在フィリピン日本大使館主催)が開催された。アロヨ大統領は「過去の歴史を乗り越え、(両国が)温かく力強い協調関係を築いたことを喜ぶ」とのメッセージを寄せた。
 慰霊祭は、マニラ南東約70キロの「カリラヤ日本人戦没者慰霊園」であり、在留邦人や日系人、戦没者の関係者ら約150人が出席した。出席者は一人ずつ献花して、犠牲者を慰霊した。
 慰霊祭には、第二次大戦末期の1944年12月、特攻隊要員としてフィリピンに滞在した日本人男性(82)も参列した。男性は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「A級戦犯の合祀(ごうし)が(中国や韓国で)ここまで大きな問題となっているのだから、現実的に考えて、首相が靖国神社に行かなくてもよかったのではないか」と話した。

フィリピン 150人が献花 日本人戦没者慰霊祭

フィリピンってとても身近な国なんです!



亡父の遺書携え戦没者追悼式に

東大阪の田倉さん、亡父の遺書携え戦没者追悼式に

20060815p101-a-A20060815030431662M.jpg


 〈幼身ナレバ ヨロシク頼ム〉。幼いわが子を案じた遺書を残して、終戦の12日前、フィリピン・セブ島で、父は戦死した。戦後61年の今夏、初めて読んだその遺書を携え、大阪府東大阪市に住む長女の田倉和子さん(62)は15日、東京・日本武道館で営まれる全国戦没者追悼式に参列する。「野球ができるほど、家族が増えたよ」。野球好きで、平和を願って「和子」と名づけてくれた父に、そう伝えるつもりだ。

 「遺言状」と墨書された茶封筒に便せんが1枚。奥田正一さんが妻のヨシノさん(89)にあてた遺書はすっかり黄ばみ、所々破れている。1944年春、正一さんが大阪市大正区の家の仏壇に置いて出征し、その後ヨシノさんが見つけた。

 同年9月、大阪市内で10分間だけ許された面会が最後の別れ。生後間もない和子さんと3歳だった兄の奥田尚次さん(65)を連れた妻に、正一さんは「最後の船で(戦地へ)行く」と覚悟したように漏らし、二人の子を強く抱いたという。

 身を寄せた三重県内の親類宅に、〈南方方面で8月3日に戦死〉とだけ書かれた通知が届いたのは、終戦4か月後の45年12月。遺骨も遺品もなかった。

 父の顔も知らない和子さんは22歳で結婚し、3人の子育てに追われた。ヨシノさんから、自分の名前の由来や遺書のことは聞いていたが、父の存在は遠く、読んでいなかった。「どこか父の死と向き合いたくなかった」と振り返る。

 4年前、父が戦死した場所がわかった。尚次さんが厚生労働省に照会して約1年後、「セブ島」との回答があったのだ。日本軍と米軍が激しい戦闘を繰り広げた島の一つ。昨年11月、慰霊のため現地を訪ねた兄から「ジャングルで食物も弾も尽きて死んだかと思うと、涙が止まらんかった」と聞かされ、自分にとっての父を見つめ直した。

 初めて望んだ追悼式への参列が決まり、遺書に初めて目を通したのは、今月初め。〈大君ニ召サレ出征スル事ハ 男子ノ本懐コレニマサル事ナシ〉とあり、わが子に触れて、〈幼身ナレバ……〉と続く。わずか4行。後は空白だ。

 「空白部分に、『子どもを残して行きたくない』って書きたかったんやないかな」。涙があふれた。

 「野球チームが作れるだけ子どもがほしい」とよく話していたという父。兄は4人、自分は8人の子や孫がいると、追悼式に臨んで報告し、和子さんは平和と鎮魂を祈る。

東大阪の田倉さん、亡父の遺書携え戦没者追悼式に

フィリピンってとても身近な国なんです!



戦死の父を思い

[日曜の広場]祈り 戦死の父を思い 無職・桜井嗣雄67(埼玉県越谷市)

 父の戦死の公報が届いたのは、1945年6月22日だった。フィリピンのミンダナオ島で亡くなったという。公報の届いた日を、父の命日としてきた。
 母はこの日以来、仏前で焼香するのが日課となった。母はこれまでに2度大病したが、入院中も朝夕、ベッドの中で合掌していた。
 今、母は90歳、私が67歳、弟64歳。大きな災難や事故に遭うことなく、ほぼ健康で生きてこられたことに深く感謝している。
 母が口癖によく言う。「亡くなったお父さんが私たちを見守ってくれた」。本気で信じている様子だ。家の仏壇には、私よりはるかに若い33歳のままの父の遺影が飾ってある。
 今年も終戦記念日の8月15日がやって来る。多くの戦没者を思い、祈りをささげたい。

戦死の父を思い

フィリピンってとても身近な国なんです!



戦争体験者75編の記憶

戦争体験者75編の記憶 孫たちへの証言第19集発刊

 全国の戦争体験者から寄せられた手記をまとめた「孫たちへの証言第19集」(新風書房 税別1300円)が発刊された。
 戦争の体験を語り継ぎ、平和を訴えるのが目的で、1988年からスタートした。今回は「人の心を破滅させる戦争をやってはならない」というテーマに352編が寄せられ、そのうち75編を載せた。沖縄から本土への疎開体験、フィリピン沖海戦からの奇跡的な生還など生々しい証言が掲載されている。一方、70歳以上の高齢者の応募が目立つなど、記憶の風化が懸念されるという。
 問い合わせは、同書房(ファクス06・6768・4354)へ。

戦争体験者75編の記憶 孫たちへの証言第19集発刊

フィリピンってとても身近な国なんです!



戦争体験を語り合う会

戦争体験を語り合う会:第100回記念例会に100人−−大津 /滋賀

 ◇語り部の言葉に重み
 平和の大切さを訴えようと、戦争体験を語り継ぐ活動をしているNPO法人「戦争体験を語り合う会」の第100回記念例会が12日、大津市京町3の逢坂公民館で開かれた。約100人が参加し、語り部の言葉に聴き入った。
 同会は98年2月に設立。「若い世代に戦争という悲惨な経験をさせてはならない」という思いから活動している。
 はじめに仙台市の空襲の記録映像「私たちの町にも空襲があった」を上映。その後、▽シベリア▽中国▽フィリピン▽ビルマ――でそれぞれ従軍経験のある同会員4人が中心となり、戦争経験を語り合い、来場者と意見交換をした。ゼミで従軍看護婦の研究をしているという立命館大4年の茗加瑞敬さん(22)は「悲惨な戦争の現場を見ている語り部の言葉は、重みがある」と真剣な表情で聴き入っていた。

戦争体験を語り合う会:第100回記念例会に100人−−大津 /滋賀

フィリピンってとても身近な国なんです!



平和とは?展

平和とは?展:原爆被害写真で紹介 15日まで中央区で開催 /兵庫

 原爆の惨状や海外の恵まれない国の現状から、平和について考える企画展「平和とは?展」が神戸市中央区波止場町6の「TEN×TEN」土間ホールで開かれている。15日まで。
 同市北区の由城文子(ゆうきあやこ)さん(45)が今年2月、「平和ミュージアムMAYURII」をTEN×TEN内に開設。企画展では、広島と長崎の原爆の惨状を伝えるパネル写真60点が展示されているほか、学生スタッフがフィリピンで調べた路上生活の子どもたちの現状報告もある。
 由城さんは、「学生スタッフが担当した企画もあり、同世代の10代や20代の人たちにもぜひ足を運んでほしい」と話している。
 午後1〜4時まで。問い合わせは、由城さん(090・8165・6173)へ。

平和とは?展:原爆被害写真で紹介 15日まで中央区で開催 /兵庫


フィリピンってとても身近な国なんです!



合祀取り消し求め提訴

合祀取り消し求め提訴、台湾人遺族ら9人 大阪地裁

 靖国神社に無断で親族を合祀(ごうし)され、追悼方法を自由に決める権利が侵害されたなどとして、日本人と台湾人の遺族9人が11日、靖国神社を相手に合祀の取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こした。神社に戦没者名や死没場所などの個人情報を通知した国にも一人あたり100万円の損害賠償を求めている。原告側弁護団によると、合祀取り消しをめぐり靖国神社が被告となるのは初めて。

 合祀をめぐっては、旧日本軍に軍人・軍属として徴用された韓国人の遺族らが01年6月、国を相手に取り消しを求めて提訴。東京地裁は今年5月、「国は通知しただけで、合祀は靖国神社が決めた」として請求を退けている。

 訴えたのは大阪府内の西山俊彦さん(71)ら日本の8人と台湾の原住民族「セイダッカ族」の楊元煌さん(51)。

 訴状によると、原告の父親や兄、叔父ら11人は40〜45年、中国やフィリピン、沖縄などで日本の軍人・軍属として戦死・病死し、靖国神社に合祀された。宗教上の理由などから合祀を取り消すよう求めたが、同神社は応じなかったとしている。

 原告側は、故人をどのように追悼するかを決める権利は憲法で保障されていると指摘。靖国神社が管理する「祭神名票」「祭神簿」「霊璽簿(れいじぼ)」から親族の氏名や祭神名などを削除することを求めている。

 靖国神社広報課の話 訴状を見ていないので、現段階ではコメントを差し控えたい。

 厚生労働省社会・援護局業務課の話 訴状を見て対応を検討したい。

合祀取り消し求め提訴、台湾人遺族ら9人 大阪地裁

フィリピンってとても身近な国なんです!



「戦艦大和との日々」

「戦艦大和との日々」冊子発行 元乗員・木野山さん 悲惨な戦争伝えたい=広島

 ◆神石高原の木野山さん
 乗組員の食事を作る主計兵として、終戦前年の秋まで、旧日本海軍の戦艦「大和」に乗艦していた神石高原町父木野、日用雑貨卸会社会長、木野山稔さん(82)が、当時の体験をつづった冊子「我が青春の思い出〜戦艦大和との日々を振り返って」(A5判、25ページ)を発行。400部印刷し、知人や地元商工会、町内の公民館などに贈呈した。木野山さんは「あの戦争で何があったかを伝えたい」と話している。
 木野山さんは1943年、海軍に志願。3か月の厳しい訓練を経て同年7月から44年11月まで大和に乗り込み、乗組員約2200人分の食事を作る烹炊(ほうすい)係を務めた。
 西太平洋のトラック諸島(当時)に向けて出撃中に初めて魚雷の被弾を体験。艦はぐらっと揺れたが、速度を落とすことなく航行した。別の出撃では、大和の主砲弾が敵空母に命中し、傾いた甲板から米兵が滑るように海に落ちていく姿を目撃。敵機の攻撃で乗組員に死者が続出し、艦内の通路に遺体が何十体も横たわり、床が血まみれになった様子も何度も目の当たりにした。44年10月、同型艦の戦艦「武蔵」がフィリピン・シブヤン海で沈められた際には、なすすべもなく見守った。
 木野山さんは「常に『戦況は有利』と言われていたが、うそだった。日本は愚かな戦争をしたと思うが、何があったかを知る手掛かりになれば」と話している。

「戦艦大和との日々」冊子発行 元乗員・木野山さん 悲惨な戦争伝えたい=広島

フィリピンってとても身近な国なんです!



戦争と平和を語る会

戦争と平和を語る会:「兵士を消耗品と軍は考えていた」和田理事が批判 /高知

 戦争の悲惨さを語り継ぎ、平和の大切さについて考えようと、「戦争と平和を語る会」(高知市老人クラブ連合会主催)が8日、高知市で開かれた。終戦記念日関連の特別行事として毎年開かれており、同市内の老人会のメンバーら約80人が出席し、平和の尊さに思いを巡らせた。【袴田貴行】
 ◇すいとんで不戦誓う
 冒頭、出席者らは黙とうして戦争の犠牲者の冥福を祈った後、同連合会の和田寿美男理事(86)が、自らの従軍体験を語った。和田理事は1941年11月に召集され、旧陸軍歩兵第141連隊に入隊。太平洋戦争開戦直後の42年1月、フィリピン・ルソン島に上陸して米軍と交戦、その後、ビスマルク諸島ニューブリテン島に転戦し、終戦を迎えた。
 和田理事は「米軍は陸・海・空軍を駆使し、自軍の兵隊を殺さないような戦い方をしていたが、日本軍は兵士はいくらでも補充できる消耗品と考え、突撃ばかり繰り返していた。明治時代のような戦闘で勝てるはずがない」と批判。
 また、靴が破れてはだしのまま行軍し、道すがら、日本兵の無残な死体がいたる所に転がっていたことを振り返り、「あんな思いはもう二度としたくない。戦争は絶対にすべきではない」と声を絞り出した。
 出席者らにはその後、戦時中によく食べていたすいとんが振る舞われた。同市大津甲の無職、本木敏子さん(74)は「あのころは毎日食べさせられて嫌で仕方がなかった。今日の話を聞いて、戦争は二度とやってはいけないと改めて思いました」と話していた。

戦争と平和を語る会:「兵士を消耗品と軍は考えていた」和田理事が批判 /高知

フィリピンってとても身近な国なんです!



 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

ai

ai

栃木県在住、ピナ嫁と娘一人でつつましく貧困に耐え忍びながらむつましい生活を送っています(T_T)








人気サイト

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています

幸福の羅針盤ランキングに参加してね



/

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Links

Ranking

アクセスランキング

Search

close