無料
エロ
動画

フィリピナス ニュース

フィリピンパブやタレントピナを愛して止まない人達へのお付き合いマニュアルもいいですが、たまにはフィリピン情勢を考えてみませんか?渡比される方への参考にもなれば幸いです。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録 合計:je-pu-pu 無料カウンタ 今日:je-pu-pu 無料カウンタ 昨日:je-pu-pu 無料カウンタ

大使館のお知らせ(2006年10月30日:スポット情報)

10月30日付けで、外務省から渡航情報(スポット情報)が発出されましたので、以下のとおりお知らせいたします。



                           平成18年10月30日

                          在フィリピン日本国大使館



     〜渡航情報(スポット情報)〜



マニラ(フィリピン):買春行為絡みの恐喝等に対する注意喚起

(内容)
1.最近、フィリピン、特にマニラ首都圏において、日本人男性を狙った買春絡みの恐喝等の事案が発生しています。主な事例は以下のとおりです。

・事例1(30代旅行者)
 日中、ショッピングモールを歩いていたところ、2人組の女性から「日本人ですか」と声を掛けられ、誘われるままそのうちの1人の女性の家に行った。そこで淫らな行為に及ぼうとしたところ、女性の兄と名乗る人物が現れ、「婚約者がいる妹が傷物にされた」と騒ぎ立て、医師と救急車が呼ばれ、「手術代」として数百万ペソを要求された。  

・事例2(30代在留邦人)
 夜の繁華街で、23歳と20歳の姉妹だという女性達(後で未成年と判明)から「あなたの部屋に行こう」と誘われてその気になり、一緒に部屋に戻った。女性達が服を脱ぎ始めるや、警察官の制服を着た男性数名が、女性達の母親を名乗る人物を伴って現れ、未成年者に対する強制猥褻容疑で逮捕すると言われた。そこで「母親」側から示談金として20万ペソを要求された。

・事例3(50代旅行者)
 午後、ホテルの部屋にマッサージを持ち掛ける電話があり、バスタオルを纏っただけの女性2人からマッサージを受けた。その後、警察官が現れ、20歳だと言っていた女性達は実は17歳であり、「淫らな行為を強要された」旨の訴えがあったとして、未成年者に対する強制猥褻の容疑で拘束された。その際、警察官から、内々釈放することと引き替えに数百万円を要求されたが拒否したところ警察署に連行され、結局示談ですませることとなった。

2.フィリピンにおいては、未成年(18歳未満)者に対する猥褻行為はもとより成年女性に対する買春行為も重大な犯罪となります。以上のような被害に遭わないためにも、滞在国の法律の遵守という海外渡航者としての基本的な心得を改めて銘記し、買春ないしそれに類する勧誘等には決して応じないようにしてください。

(問い合わせ先)
○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ: http://www.mofa.go.jp/anzen/
○在フィリピン日本国大使館(在マニラ日本国総領事館)
  住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines.
  電話: (63-2) 551-5710
  FAX : (63-2) 551-5780



在フィリピン日本国大使館領事班
Embassy of Japan
P.O. Box No. 414 Pasay Central Post Office
Pasay City, Metro Manila, Philippines
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_J.html

TEL:63−2−551−5710
FAX:63−2−551−5785

フィリピンってとても身近な国なんです!



大使館からのお知らせ(平成18年10月3日)

調査協力依頼



                  平成18年10月1日

在留邦人の皆様へ               

   在フィリピン日本国大使館 領事班

    電話:02-551-5710(内線:1413)

    FAX:02-551-5785(領事班専用)

    E-MAIL:ryoji@Japanembassy.ph



   海外在留邦人数実態調査についての協力依頼  



日頃から在留届の提出につき、ご協力を頂き大変に有り難う

ございます。

さて、当館は毎年10月1日現在でフィリピンにお住まいの

在留邦人数の調査を実施してきております。

本件調査は基本的には、皆様からご提出いただいております

在留届を基に実施してきていますが、皆様が「帰国」や「第

三国に転出」した場合、当館にその旨お届けいただいていな

いケ−スも見受けられ、正確な在留邦人数の把握が困難な状

況になっております。



つきましては、皆様の中で「3ヶ月以上当国に滞在してい

る、又は、滞在する予定があるが在留届をまだ提出されて

いない」方、又は「在留届を提出したまま帰国した、又は、

第三国に転出した」方がおられましたら、本メ−ルに至急

その旨返信いただくようお願い申し上げます。なお、その

際は、同姓同名を避けるために、氏名(ロ−マ字及び漢字)

、生年月日も併せお知らせ下さい。



本調査結果は、日本政府がフィリピンに在留する邦人のため

の施策を検討する際の基本資料となっている他、緊急事態が

発生した場合の連絡体制整備のために役立つ重要な資料とな

っています。

本件趣旨をご理解いただき、ご協力の程宜しくお願い申し上

げます。                 





(ご参考)

1.在留届は、在留届出状況に変更が生じた場合(住所、緊急

連絡先、同居家族、帰国、第三国への転出等々)は、その都度、

お届け頂くこととなっております。



2.在留届の用紙は、「新規届」と「記載事項変更届(帰国及

び転出を含む)」の二種類があり、当館ホ−ムペ−ジ

「http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_J.html」からダウン

ロ−ドできますので、必要事項を記入の上、FAX(02-551-5785)

でお届け下さい。



3.在留届を初めて提出される方は、インタ−ネット(電子届

出システム「http://www.ezairyu.mofa.go.jp/(ORRネット)」)

を通じ届け出ることができ、その後の変更届けも同様に出来ます。

但し、既に在留届を出された方は利用できません。




在フィリピン日本国大使館領事班
Embassy of Japan
P.O. Box No. 414 Pasay Central Post Office
Pasay City, Metro Manila, Philippines
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/index_J.html

TEL:63−2−551−5710
FAX:63−2−551−5785

フィリピンってとても身近な国なんです!



 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Calender

« | 2006-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

ai

ai

栃木県在住、ピナ嫁と娘一人でつつましく貧困に耐え忍びながらむつましい生活を送っています(T_T)








人気サイト

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています

幸福の羅針盤ランキングに参加してね



/

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Links

Ranking

アクセスランキング

Search

close